レディ

福岡で評判の美容整形を受ける│ダウンタイムを把握しておこう

二の腕の脂肪吸引の一例

婦人

福岡の美容整形でも評判な施術に、二の腕の脂肪吸引があります。ニの腕はもともと筋肉が多い部位であり、脂肪はつきにくい部位です。しかし運動不足などで筋肉が衰えている場合だと、一度脂肪がついてしまうと中々に落としづらくなってしまいます。衣服などで隠しやすい場所でもありますが、やはり気にしてしまう女性は福岡にも多く居ます。脂肪というのは、体内の脂肪分を脂肪細胞が含んでしまって肥大化することで太っているように見えてしまいます。この脂肪細胞は成人までに体内の中で構築され、以降殆どの場合増えることはありません。通常のダイエットではこの脂肪細胞から脂肪分を燃焼して痩せることができますが、脂肪細胞自体を燃焼させることはできません。ですが脂肪吸引は直接腕の脂肪細胞ごと脂肪分を吸引することができるため、より目に見えて細くなります。それと同時に脂肪細胞を減らす事ができるため、脂肪をつきにくくすることができます。そうした理由からダイエットよりも効率がよく効果的と評判です。福岡でも評判の二の腕の脂肪吸引を行うには、まず美容整形外科でカウンセリングを行う必要があります。カウンセリングでは医師と相談をすることによって、施術がその患者の状態にあてはまるかどうかを確認し、患者が希望している方法より良い方法があったりする場合には勧めたりしてくれます。二の腕の場合、触診などで脂肪の吸引量を決めていきます。また、この時に脂肪は少しだけ残すようにして吸引する量が決められます。理由としては、脂肪というのは全て取ってしまうと皮膚と筋肉が癒着してしまいます。癒着してしまうと外見が凸凹としてしまうため、脂肪を少しだけ残す必要があります。一般的な美容整形外科で行う二の腕からの脂肪吸引の際は点滴と麻酔を打って感覚を鈍くしてから、ひじのシワのあたりを数mm切開します。切開した部位から細い管のような吸引器具を使って脂肪を吸い出していきます。術後は切開した部位をサポーターなどで圧迫して傷口を塞いでいきます。当日に仕事をするのは難しいですが、オフィスワーク程度であれば翌日から復帰できるようになります。術後は元通りの生活を行えるようになるためにダウンタイムがありますが、このダウンタイム中は腫れや内出血などがあります。期間は個人差にもよりますが1週間~2週間程度で収まります。術後には痛みなどもありますが、筋肉痛程度の痛みが1週間ほど続く程度です。福岡で評判の美容整形外科では痛み止めを処方されるため、服用するようにしましょう。施術後1週間ほど経過した頃から、腕のラインをなめらかにするために日々マッサージを行う必要などがあります。このマッサージは3ヶ月ほど続けていくことが必要となってしまいますが、脂肪吸引にあわせて日々のマッサージによって二の腕を引き締めていくことができます。日々マッサージを行い自身の二の腕の状況を確認していくことで、どんどん細く引き締まっていくのを実感することができるのも魅力です。他にもシャワーや入浴ができるようになったりするまでに数日かかったりすることや、激しい運動などにも制限があります。術後のトラブルを防いでいくために、日常生活を送る上での注意事項はしっかりと医師に確認して、医師の注意を守るようにしていきましょう。なかなか脂肪分が落ちにくい二の腕でお悩みの方は、効果も高くダイエットよりも効率がいい脂肪吸引を検討してみてはいかがでしょうか。